(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

 当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。当社の事業は、主に製品・サービス別に「MMS事業(マニュアルマネージメントシステム事業)」及び「MOS事業(マニュアルオーダーメードサービス事業)」の2つを報告セグメントとしております。

 「MMS事業」は、各種マニュアルの管理・配信・閲覧・制作を支援する基幹システム「e-manual」の企画、導入及び運営のサービスを提供する事業を行っております。また、「MOS事業」は、主に各種マニュアルのテクニカルライティング(原稿執筆)と翻訳業務を受託する事業を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載のとおりであります。

 なお、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

損益計算書

計上額

(注)2

 

MMS事業

MOS事業

売上高

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

911,642

612,785

1,524,427

1,524,427

セグメント間の内部売上高又は振替高

911,642

612,785

1,524,427

1,524,427

セグメント利益

458,721

361,804

820,526

244,904

575,622

セグメント資産

284,850

181,847

466,697

1,376,098

1,842,796

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

15,557

15,557

3,088

18,645

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

7,067

7,067

2,248

9,316

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額には、各報告セグメントに配賦しない全社費用が含まれており、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額には、各報告セグメントに配賦しない全社資産が含まれており、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金であります。

(3)減価償却費の調整額3,088千円は、主にサービス案内動画に係る減価償却費であります。

2.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。

 

当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

損益計算書

計上額

(注)2

 

MMS事業

MOS事業

売上高

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

1,204,942

698,735

1,903,678

1,903,678

セグメント間の内部売上高又は振替高

1,204,942

698,735

1,903,678

1,903,678

セグメント利益

833,205

385,926

1,219,131

265,195

953,936

セグメント資産

744,894

183,372

928,266

1,834,126

2,762,393

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

5,643

5,643

5,343

10,986

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

11,352

11,352

29,246

40,598

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額には、各報告セグメントに配賦しない全社費用が含まれており、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額には、各報告セグメントに配賦しない全社資産が含まれており、主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金であります。

(3)減価償却費の調整額5,343千円は、主に本社建物内の工具器具備品に係る減価償却費であります。

2.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。

 

【関連情報】

前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

 

相手先

売上高

関連するセグメント名

株式会社豊田自動織機

238,782

MMS事業、MOS事業

学校法人了徳寺大学

200,000

MMS事業

ファナック株式会社

156,441

MMS事業、MOS事業

 

当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

 

相手先

売上高

関連するセグメント名

東芝インフォメーションシステムズ株式会社

357,050

MMS事業

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 該当事項はありません。