(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

(1) 報告セグメントの決定方法

 当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社はサービス別の事業部を置き、各事業部は取り扱う商品、製品及びサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

 したがって、当社は事業部を基礎とした商品、製品及びサービス別セグメントから構成されており、「MFD事業」、「CID事業」及び「マーケティング事業」の3つを報告セグメントとしております。

 

(2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

 「MFD事業」は、主に通信販売による健康食の宅配、健康食通販カタログの発行を行っております。

 「CID事業」は、主に通信販売による旬や国産の食材にこだわる食事宅配を行っております。

 「マーケティング事業」は、主に自社媒体や医療機関とのネットワークを活用して、食品メーカー等に対するマーケティング支援サービスを提供しております。

 

(3) 報告セグメントの変更等に関する事項

 当事業年度より、新サービスの開始に伴う指揮命令系統及び責任を明確にすることを目的とした会社組織の変更に伴い、報告セグメントを従来の「MFD事業」及び「マーケティング事業」の2区分から、「MFD事業」、「CID事業」及び「マーケティング事業」の3区分に変更しております。

 なお、前事業年度のセグメント情報は、会社組織変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開示しております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、財務諸表作成において採用している会計処理の方法と概ね同一であります。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

(注)1

財務諸表

計上額

(注)2

 

MFD

CID

マーケ

ティング

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

2,989,916

358,352

3,348,269

3,348,269

3,348,269

セグメント間の

内部売上高又は振替高

2,989,916

358,352

3,348,269

3,348,269

3,348,269

セグメント利益

613,581

250,415

863,997

863,997

324,113

539,883

セグメント資産

373,769

5,958,634

82,006

6,414,409

6,414,409

2,298,893

8,713,303

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

4,455

1,388

5,843

5,843

1,249

7,093

有形固定資産及び

無形固定資産の増加額

4,341,506

4,341,506

4,341,506

3,418

4,344,924

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1) セグメント利益の調整額は全社費用△324,113千円であります。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2) セグメント資産の調整額は、報告セグメントに帰属しない全社資産等であります。

(3) 減価償却費の調整額は、全社資産に係る減価償却費であります。

(4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社資産等の増加額であります。

2.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。

 

当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

(注)1

財務諸表

計上額

(注)2

 

MFD

CID

マーケ

ティング

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

2,673,004

29,669

360,021

3,062,696

3,062,696

3,062,696

セグメント間の

内部売上高又は振替高

2,673,004

29,669

360,021

3,062,696

3,062,696

3,062,696

セグメント利益又は損失(△)

609,554

1,102,142

257,362

235,226

235,226

317,965

553,192

セグメント資産

272,181

6,235,777

110,813

6,618,771

6,618,771

1,113,820

7,732,592

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

2,419

456,754

1,456

460,629

460,629

1,365

461,994

有形固定資産及び

無形固定資産の増加額

103

464,871

464,975

464,975

3,092

468,067

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1) セグメント利益又は損失の調整額は全社費用△317,965千円であります。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2) セグメント資産の調整額は、報告セグメントに帰属しない全社資産等であります。

(3) 減価償却費の調整額は、全社資産に係る減価償却費であります。

(4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社資産等の増加額であります。

2.セグメント利益又は損失は、財務諸表の営業損失と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

 該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

 該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

 該当事項はありません。