(セグメント情報等)

【セグメント情報】

Ⅰ 前連結会計年度(自2017年4月1日  至2018年3月31日)

1.報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社及び株式会社アライドライフが「不動産開発事業」、株式会社エフ・ジェー・コミュニティが「不動産管理事業」、株式会社レジテックコーポレーションが「建設事業」、当社及びFJリゾートマネジメント株式会社が「旅館事業」を行っており、この4つを報告セグメントとしております。

 「不動産開発事業」は、主に首都圏におけるワンルームマンション及びファミリーマンションの開発・販売・仲介・賃貸、並びに伊豆地域における不動産事業を行っております。「不動産管理事業」は、主にマンション区分所有者から賃貸管理、及び管理組合から建物管理の請負業務を行っております。「建設事業」は、主にマンション等建築物の設計・施工・検査・リノベーションを行っております。「旅館事業」は、静岡県の伊豆エリアにおいて、温泉旅館「伊東遊季亭」、「伊東遊季亭 川奈別邸」及び「玉峰館」の経営を

行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

連結

財務諸表

計上額

(注)2

 

不動産

開発事業

不動産

管理事業

建設事業

旅館事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

59,570

2,336

4,251

850

67,008

-

67,008

セグメント間の内部売上高

又は振替高

6

433

29

12

482

482

-

59,577

2,770

4,280

862

67,491

482

67,008

セグメント利益

5,915

858

386

51

7,212

26

7,238

セグメント資産

54,576

4,932

2,886

1,371

63,766

334

63,432

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

117

2

0

81

201

1

200

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

28

2

-

-

31

0

31

(注)1. 調整額の内容は以下のとおりであります。

セグメント利益                                   (単位:百万円)

セグメント間取引消去

25

棚卸資産及び固定資産の調整額

0

合計

26

 

セグメント資産                                   (単位:百万円)

セグメント間取引消去

△320

棚卸資産及び固定資産の調整額

△14

合計

△334

 

減価償却費                                     (単位:百万円)

固定資産の調整額

△1

 

有形固定資産及び無形固定資産の増加額                        (単位:百万円)

固定資産の調整額

△0

 

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

Ⅱ 当連結会計年度(自2018年4月1日  至2019年3月31日)

1.報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 当社及び株式会社アライドライフが「不動産開発事業」、株式会社エフ・ジェー・コミュニティが「不動産管理事業」、株式会社レジテックコーポレーションが「建設事業」、当社及びFJリゾートマネジメント株式会社が「旅館事業」を行っており、この4つを報告セグメントとしております。

 「不動産開発事業」は、主に首都圏におけるワンルームマンション及びファミリーマンションの開発・販売・仲介・賃貸、並びに伊豆地域における不動産事業を行っております。「不動産管理事業」は、主にマンション区分所有者から賃貸管理、及び管理組合から建物管理の請負業務を行っております。「建設事業」は、主にマンション等建築物の設計・施工・検査・リノベーションを行っております。「旅館事業」は、静岡県の伊豆エリアにおいて、温泉旅館「伊東遊季亭」、「伊東遊季亭 川奈別邸」及び「玉峰館」の経営を

行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益、資産その他の項目の金額に関する情報

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

連結

財務諸表

計上額

(注)2

 

不動産

開発事業

不動産

管理事業

建設事業

旅館事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

72,696

2,606

5,368

845

81,516

-

81,516

セグメント間の内部売上高

又は振替高

11

407

595

13

1,027

1,027

-

72,707

3,014

5,963

858

82,543

1,027

81,516

セグメント利益

8,502

852

654

35

10,044

48

10,093

セグメント資産

62,811

5,182

3,484

1,376

72,855

168

72,686

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

147

2

0

77

228

1

226

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

37

3

1

33

75

2

72

(注)1. 調整額の内容は以下のとおりであります。

セグメント利益                                   (単位:百万円)

セグメント間取引消去

52

棚卸資産及び固定資産の調整額

△4

合計

48

 

セグメント資産                                   (単位:百万円)

セグメント間取引消去

△150

棚卸資産及び固定資産の調整額

△18

合計

△168

 

減価償却費                                     (単位:百万円)

固定資産の調整額

△1

 

有形固定資産及び無形固定資産の増加額                        (単位:百万円)

固定資産の調整額

△2

 

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

      【関連情報】

前連結会計年度(自2017年4月1日  至2018年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報として、同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

 (1) 売上高

     本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。

 

 (2) 有形固定資産

     本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自2018年4月1日  至2019年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報として、同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

 (1) 売上高

     本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。

 

 (2) 有形固定資産

     本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社がないため該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

   外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しております。

 

    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自2017年4月1日  至2018年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自2018年4月1日  至2019年3月31日)

 該当事項はありません。

 

    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自2017年4月1日  至2018年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自2018年4月1日  至2019年3月31日)

 該当事項はありません。

 

    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自2017年4月1日  至2018年3月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自2018年4月1日  至2019年3月31日)

 該当事項はありません。