(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1 報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であり、かつ取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

 

 当社グループは、事業活動の特徴、法的規制等を考慮した経営管理上の区分によって、「システムインテグレーション事業」、「デジタルトランスフォーメーション事業」、「機械設計エンジニアリング事業」の3つを報告セグメントとしております。

 「システムインテグレーション事業」は、ITインフラ・クラウドテクノロジー、デジタルクリエイティブ・WEB運営、WEBシステム開発などのサービス提供、「デジタルトランスフォーメーション事業」は、サイバーセキュリティ、IoT・AIを用いたデータサイエンス、RPAを用いたビジネスインテリジェンス、圃場環境モニタリングシステム『みどりクラウド』の販売及びサービス提供、「機械設計エンジニアリング事業」は、3DCAD分野の技術提供、機械・金型など受託設計のサービス提供を主な業務としております。

 

2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 

3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注1)

合計

調整額

(注2)

連結

財務諸表

計上額

(注3)

 

システム

インテグレー

ション

デジタル

トランス

フォーメー

ション

機械設計

エンジニア

リング

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

9,933,784

1,222,217

243,210

11,399,211

11,002

11,410,214

11,410,214

セグメント間の内部売上高又は振替高

1,380

1,380

2,250

3,630

3,630

9,933,784

1,222,217

244,590

11,400,591

13,252

11,413,844

3,630

11,410,214

セグメント利益又はセグメント損失(△)

790,678

1,046

36,878

754,845

25,873

728,972

1,380

727,592

セグメント資産

55,835

140,992

196,828

76,842

273,671

5,097,056

5,370,727

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 

のれんの償却額

9,124

9,124

9,124

9,124

減価償却費

17,085

15,358

330

32,774

32,774

32,774

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

12,670

12,670

12,670

24,435

37,106

減損損失

36,138

36,138

36,138

36,138

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、有料職業紹介、人材派遣、IT技術教育講座等の事業であります。

2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額には、セグメント間取引消去△3,630千円が含まれております。

3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

4.セグメント資産調整額5,097,056千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産等が含まれております。

5.全社資産については、各報告セグメントに資産を配分しておりませんが、関連する費用については全社費用を含めて、合理的な基準に基づき各報告セグメントに配分しております。

6.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額24,435千円は、本社及び支社建物の設備投資額22,815千円が含まれております。

当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注1)

合計

調整額

(注2)

連結

財務諸表

計上額

(注3)

 

システム

インテグレー

ション

デジタル

トランス

フォーメー

ション

機械設計

エンジニア

リング

売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

10,914,039

2,421,604

426,299

13,761,943

9,677

13,771,620

13,771,620

セグメント間の内部売上高又は振替高

9,628

9,628

18,242

27,871

27,871

10,914,039

2,421,604

435,928

13,771,572

27,920

13,799,492

27,871

13,771,620

セグメント利益又はセグメント損失(△)

1,021,026

160,152

32,780

1,148,397

13,926

1,134,471

1,134,471

セグメント資産

51,276

130,923

182,199

63,891

246,090

7,096,281

7,342,372

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

 

のれんの償却額

9,124

9,124

9,124

9,124

減価償却費

17,758

7,371

252

25,381

25,381

25,381

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

3,001

293

3,294

3,294

66,438

69,732

減損損失

13,825

13,825

13,825

13,825

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、有料職業紹介、人材派遣、IT技術教育講座等の事業であります。

2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額には、セグメント間取引消去△27,871千円が含まれております。

3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

4.セグメント資産調整額7,096,281千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産等が含まれております。

5.全社資産については、各報告セグメントに資産を配分しておりませんが、関連する費用については全社費用を含めて、合理的な基準に基づき各報告セグメントに配分しております。

6.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額66,438千円は、本社及び支社建物の設備投資額65,538千円が含まれております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3 主要な顧客ごとの情報

 外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

 本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3 主要な顧客ごとの情報

 外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注1)

合計

調整額

(注2)

連結

財務諸表

計上額

 

システム

インテグレー

ション

デジタル

トランス

フォーメー

ション

機械設計

エンジニア

リング

減損損失

36,138

36,138

36,138

36,138

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、有料職業紹介、人材派遣、IT技術教育講座等の事業であります。

2.調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減損損失であります。

 

当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注1)

合計

調整額

(注2)

連結

財務諸表

計上額

 

システム

インテグレー

ション

デジタル

トランス

フォーメー

ション

機械設計

エンジニア

リング

減損損失

13,825

13,825

13,825

13,825

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、有料職業紹介、人材派遣、IT技術教育講座等の事業であります。

2.調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減損損失であります。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注1)

合計

調整額

連結

財務諸表

計上額

 

システム

インテグレー

ション

デジタル

トランス

フォーメー

ション

機械設計

エンジニア

リング

当期償却額

9,124

9,124

9,124

9,124

当期末残高

34,217

34,217

34,217

34,217

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、有料職業紹介、人材派遣、IT技術教育講座等の事業であります。

 

当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注1)

合計

調整額

連結

財務諸表

計上額

 

システム

インテグレー

ション

デジタル

トランス

フォーメー

ション

機械設計

エンジニア

リング

当期償却額

9,124

9,124

9,124

9,124

当期末残高

25,093

25,093

25,093

25,093

(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、有料職業紹介、人材派遣、IT技術教育講座等の事業であります。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

 該当事項はありません。