(退職給付関係)

1 採用している退職給付制度の概要

三井住友海上火災保険株式会社及びあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けているほか、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。なお、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社において、退職給付信託を設定しております。

その他の国内連結子会社及び一部の在外連結子会社においても、確定給付型又は確定拠出型の退職給付制度を設けております。

なお、一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。

 

2 確定給付制度

(1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表

(単位:百万円)

 

  前連結会計年度

(自 2020年4月1日

    至 2021年3月31日)

  当連結会計年度

(自 2021年4月1日

    至 2022年3月31日)

退職給付債務の期首残高

644,974

656,164

勤務費用

21,532

21,557

利息費用

3,408

3,097

数理計算上の差異の発生額

20,115

△5,970

退職給付の支払額

△33,570

△33,975

為替換算差額

△1,019

9,346

その他

724

181

退職給付債務の期末残高

656,164

650,402

(注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「勤務費用」に含めて計上しております。

 

 

(2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

当連結会計年度

(自 2021年4月1日

至 2022年3月31日)

年金資産の期首残高

492,212

529,431

期待運用収益

7,812

7,889

数理計算上の差異の発生額

42,315

△3,940

事業主からの拠出額

13,864

35,239

退職給付の支払額

△25,511

△23,490

為替換算差額

△1,063

9,510

その他

△199

△225

年金資産の期末残高

529,431

554,414

 

 

(3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当連結会計年度

(2022年3月31日)

積立型制度の退職給付債務

552,367

548,149

年金資産

△529,431

△554,414

 

22,936

△6,264

非積立型制度の退職給付債務

103,797

102,252

アセット・シーリングによる調整額

7,326

11,456

連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額

134,060

107,444

 

 

 

退職給付に係る負債

160,828

137,710

退職給付に係る資産

△26,768

△30,265

連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額

134,060

107,444

(注)「アセット・シーリングによる調整額」は、「従業員給付」(IAS第19号)を適用している在外連結子会社において、退職給付に係る資産の計上額が一部制限されることによる調整額であります。

 

 

(4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

当連結会計年度

(自 2021年4月1日

至 2022年3月31日)

勤務費用

21,532

21,557

利息費用

3,408

3,097

期待運用収益

△7,812

△7,889

数理計算上の差異の費用処理額

910

△1,794

その他

852

278

確定給付制度に係る退職給付費用

18,890

15,248

(注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「勤務費用」に含めて計上しております。

 

 

(5) 退職給付に係る調整額

退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

当連結会計年度

(自 2021年4月1日

至 2022年3月31日)

数理計算上の差異

18,594

△3,351

合計

18,594

△3,351

 

(6) 退職給付に係る調整累計額

退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当連結会計年度

(2022年3月31日)

未認識数理計算上の差異

△5,991

△2,640

合計

△5,991

△2,640

 

(7) 年金資産に関する事項

① 年金資産の主な内訳

年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は次のとおりであります。

(単位:%)

 

前連結会計年度

(2021年3月31日)

当連結会計年度

(2022年3月31日)

債券

53

55

株式

23

22

生命保険一般勘定

12

11

その他

12

12

合計

100

100

(注)年金資産合計には、退職給付信託が前連結会計年度2%、当連結会計年度2%含まれております。

 

② 長期期待運用収益率の設定方法

年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。

 

(8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

主要な数理計算上の計算基礎は次のとおりであります。

(単位:%)

 

前連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

当連結会計年度

(自 2021年4月1日

至 2022年3月31日)

割引率

主として 0.2~0.7

主として 0.2~0.7

長期期待運用収益率

 

 

退職給付信託

0.0

0.0

上記以外

主として 1.5~2.0

主として 1.5~1.8

 

 

3 確定拠出制度

当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は次のとおりであります。

(単位:百万円)

前連結会計年度

(自 2020年4月1日

至 2021年3月31日)

当連結会計年度

(自 2021年4月1日

至 2022年3月31日)

6,540

5,833