3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次の通りであります。

 

① 財政状態の状況

(資産)

 当事業年度末における資産合計は前事業年度末より2,114,208千円増加し、4,059,327千円となりました。これは主に、東京証券取引所マザーズへの上場に伴う新株発行等により現金及び預金が2,034,723千円増加したことによるものであります。

 

(負債)

 当事業年度末における負債合計は前事業年度末より43,089千円減少し、1,730,521千円となりました。これは主に、短期借入金が730,000千円減少、TVCM関連費用の影響等により未払金が252,792千円増加、流通高の増加により預り金が210,029千円及び前受金が153,025千円増加、未払法人税等が43,200千円増加、未払消費税等が16,664千円増加したことによるものであります。

 

(純資産)

 当事業年度末における純資産合計は前事業年度末より2,157,298千円増加し、2,328,805千円となりました。これは東京証券取引所マザーズへの上場に伴う新株発行により資本金及び資本剰余金がそれぞれ1,058,107千円増加、利益剰余金が41,083千円増加したことによるものであります。

 

② 経営成績の状況

 当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大が長期化する中、ワクチン接種が開始されたものの収束は未だ見通せず、依然として先行き不透明な状況が続いております。

 このような環境の下、当社におきましては、プロダクト機能開発に注力し、マーケティング施策によりマスメディア等を通したユーザー層の取り込みを強く推進した結果、多くのユーザーを獲得することができました。

 プロダクト機能開発としては、当社は中長期的にはココナラ経済圏の構築を目指しておりますが、その一環として2020年9月にココナラ内で書かれたブログや自身の制作したコンテンツを「有料ブログ」として販売・購入できる機能をリリースいたしました。また、2020年12月に新たな決済手段として「セブン-イレブン決済」を追加いたしました。また、2021年8月には、ビジネス利用に特化したサービスをラインナップし、チームで利用しやすい機能を搭載した購入専用の新たなプラットフォームとして「ココナラビジネス」のサービス提供を開始いたしました。マーケティング施策としては、2021年8月より日本全国を対象としたTVCMを実施しております。これらのほか、当事業年度においては、ユーザーの更なる利便性の向上につながる開発、施策に努めてまいりました。

 この結果、当事業年度の流通高は9,599,554千円(前期比51.6%増)、営業収益は2,746,940千円(前期比54.7%増)、営業利益は89,478千円(前期は80,864千円の営業損失)、経常利益は59,959千円(前期は83,767千円の経常損失)、当期純利益は41,083千円(前期は94,001千円の当期純損失)となりました。

 なお、当社は「ココナラ」事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載は行っておりません。

 

③ キャッシュ・フローの状況

 当事業年度末における現金及び現金同等物は前事業年度末より2,034,723千円増加し、3,318,899千円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動によるキャッシュ・フローは、764,335千円の収入(前年同期は274,373千円の収入)となりました。これは主に、未払金(設備未払金を除く)の増加額301,108千円、流通高の増加による預り金の増加額210,029千円、流通高の増加による前受金の増加額153,025千円等によるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動によるキャッシュ・フローは、115,826千円の支出(前年同期は190,485千円の支出)となりました。これは主に、本社移転に伴う設備投資等による有形固定資産の取得による支出76,237千円及び本社オフィスの増床に伴う差入保証金の差入による支出51,723千円等によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動によるキャッシュ・フローは、1,386,215千円の収入(前年同期は460,000千円の収入)となりました。これは株式の発行による収入2,116,215千円及び短期借入金の純減少額730,000千円によるものであります。

 

④ 生産、受注及び販売の実績

a.生産実績

 生産に該当する事項が無いため、生産実績に関する記載はしておりません。

 

b.受注実績

 受注生産を行っていないため、受注実績に関する記載はしておりません。

 

c.販売実績

 販売実績は次のとおりであります。

サービスの名称

当事業年度

(自 2020年9月1日

至 2021年8月31日)

営業収益(千円)

前年同期比(%)

「ココナラ」

2,538,811

150.9

その他

208,129

223.5

合計

2,746,940

154.7

 

(注)1.当社は「ココナラ」事業の単一セグメントであるため、セグメント毎の記載はしておりません。

2.主要な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、その割合が10%未満のため、記載を省略しております。

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。

 

① 重要な会計方針及び見積り

 当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この財務諸表の作成に当たっては、資産・負債及び収益・費用の報告数値及び開示に影響を与える見積り及び仮定の設定を行っております。当該見積りにつきましては、過去の実績や現状等を勘案して合理的に判断を行っておりますが、実際の結果は見積り自体に不確実性があるため、これらの見積りと異なる可能性があります。

 財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状況 1財務諸表等(1)財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

 

② 経営成績の分析

(流通高)

 当事業年度の流通高は、前事業年度より3,265,600千円増加し、9,599,554千円となりました。これは主に取引件数の増加及び取引単価が上昇したことによるものであります。

 

(営業収益)

 当事業年度の営業収益は、前事業年度より971,385千円増加し、2,746,940千円となりました。これは主に流通高が増加したことによるものであります。

 

(営業費用、営業利益)

 当事業年度の営業費用は、前事業年度より801,042千円増加し、2,657,461千円となりました。主な増加要因は人件費の増加、流通高の増加による決済手数料の増加及び業務委託費の増加によるものであります。この結果、営業利益は89,478千円(前期は80,864千円の営業損失)となりました。

 

(営業外収益、営業外費用及び経常利益)

 当事業年度の営業外収益は1,759千円、営業外費用は31,278千円発生しております。営業外費用の増加は、主に上場関連費用によるものであります。この結果、経常利益は59,959千円(前期は83,767千円の経常損失)となりました。

 

(当期純利益)

 当事業年度は特別利益及び特別損失は計上しておりませんが、法人税、住民税及び事業税を18,876千円計上しております。この結果、当期純利益は41,083千円(前期は94,001千円の当期純損失)となりました。

 

③ 経営成績に重要な影響を与える要因について

 経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」をご参照ください。

 

④ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

(資金需要)

 当社における資金需要のうち主なものは、人件費、広告宣伝費、システム関連費にかかる運転資金になります。

 

(財務政策)

 当社は現在、運転資金等については自己資金により充当しており、必要に応じて金融機関からの借入金により資金調達することとしております。また、当社は運転資金の機動的かつ安定的な調達を可能にするため、主要取引金融機関と総額820,000千円の当座貸越契約を締結しております。