【役員の状況】

 

①役員一覧

男性8名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役
社長

中西 聖

1977年2月8日

1992年6月

西砂建設株式会社入社

1997年7月

大芳計画株式会社入社

1998年10月

株式会社ヴェルシステムズ入社

2004年2月

当社設立 当社代表取締役社長就任(現任)

2004年12月

株式会社ライフスペースクリエーション 取締役就任

2010年4月

日本プロパティ開発株式会社
取締役就任(現任)

(注)3

4,223,200

取締役
アセット
プランニング部部長

ダイバーシティ
レジデンシャル部部長

事業統括部部長

村田 貴志

1979年12月9日

2006年2月

当社入社

2014年10月

当社取締役就任(現任)

 

 

 

 

(注)3

35,600

取締役
経営企画部部長

財務経理部部長
 兼
 人事総務部部長

岩瀬 晃二

1983年7月21日

2006年12月

監査法人トーマツ入所

2011年10月

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社転籍

2014年10月

当社入社

2015年6月

当社取締役就任(現任)

(注)3

取締役

井河 元広 

1965年6月15日

1988年9月

株式会社富洋ハウジング入社

1993年1月

株式会社シティエステート入社

1993年11月

株式会社グリーンフロンティア入社

1996年6月 

株式会社三栄建築設計入社

1999年8月

レジデスト株式会社設立 代表取締役就任(現任)

2018年6月

当社取締役就任(現任)

(注)3

8,000

取締役

黒田 恵吾

1972年9月22日

1995年4月

シャープ株式会社入社

2000年7月

UBS証券入社

2002年6月

株式会社ローン・スター・ジャパン・アクイジッションズ入社

2007年9月

ブラックストーン・グループ・ジャパン株式会社入社

2013年10月

クロスパス・アドバイザーズ株式会社 代表取締役に就任(現任)

2020年6月

当社取締役就任(現任)

(注)4

 

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

監査役
(常勤)

長島 良一

1958年7月25日

1982年4月

三井石油開発株式会社入社

1992年12月

株式会社マップインターナショナル入社

1994年12月

同社管理本部長

2000年8月

株式会社インフォプラント入社
経営企画室長

2001年10月

同社取締役管理本部長

2005年11月

執行役員財務部門本部長

2010年10月

株式会社クロス・マーケティング入社 経営管理部長

2011年10月

株式会社クロス・コミュニケーション 監査役就任

2012年1月

株式会社ディープインパクト入社

2014年6月

当社監査役就任(現任)

(注)5

監査役
(非常勤)

髙橋 聡

1953年3月20日

1975年4月

株式会社三和銀行入社

2005年10月

オリックス不動産株式会社入社

2006年4月

オリックス不動産株式会社

執行役員

2008年4月

オリックス不動産株式会社

常務執行役員

2012年3月

オリックス不動産株式会社 

常勤監査役

2018年4月

株式会社ヨドバシホールディングス 執行役員

2019年6月

当社監査役就任(現任)

(注)5

監査役
(非常勤)

中川 紘平

1977年10月2日

2001年4月

最高裁判所司法研修所入所

2002年10月

第一東京弁護士会登録

2002年10月

TMI総合法律事務所入所

2013年1月

同事務所パートナー

2014年5月

ニューヨーク州弁護士登録

2016年4月

東京大学法科大学院客員准教授

2017年2月

NEXAGE法律事務所開設

2017年6月

当社監査役就任(現任)

2018年3月

スローガン株式会社 監査役就任(現任)

(注)5

4,266,800

 

(注) 1.取締役 井河元広、黒田恵吾は、社外取締役であります。

2.監査役 長島良一、髙橋聡、中川紘平は、社外監査役であります。

3.取締役 中西聖、村田貴志、岩瀬晃二、井河元広の任期は、2019年3月期にかかる定時株主総会の終結の時から、2021年3月期にかかる定時株主総会の終結の時までであります。

4.取締役 黒田恵吾の任期は、2020年3月期にかかる定時株主総会の終結の時から、2021年3月期にかかる定時株主総会の終結の時までであります。

5.監査役の任期は、2019年3月期にかかる定時株主総会の終結の時から、2023年3月期にかかる定時株主総会の終結の時までであります。

 

②社外役員の状況

当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であり、いずれの社外取締役、社外監査役とも、当社との間で人的関係、資本的関係、取引関係及びその他利害関係はなく、高い独立性を確保していると考えております。

当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準及び方針を明確に定めておりません。しかしながら、その選任に際しては、豊富な経験や見識、専門的な知識を備えるとともに、当社から独立した立場で客観的かつ適切な監督・監査が遂行できるかということを重視して、個別に判断しております。

また、当社は、一般株主の利益に配慮し、継続的に企業価値を高める手段のひとつとして、独立役員を届け出ております。独立役員の届出においては、一般株主と利益相反が生じるおそれのない者であるかを判断した上で、取締役会での議決権を有する社外取締役及びその他要件を満たす役員は全て指定することを基本方針としております。当社は、独立役員が他の役員との連携を密にとることにより会社情報を共有し、独立役員に期待される役割を果たすための環境を整備する方針です。
 

③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

社外取締役は、経営者から独立した第三者的立場で、取締役の職務執行が適法性や効率性含め適正に行われているかを監督する役割を担っていただくこととしております。社外取締役は、幅広い知見と豊富な経験を活かして客観的、専門的立場から当社の経営や業務全般に対して意見及び助言を行うことで、取締役会の意思決定及び業務執行の適正性を確保しており、適任であると判断しております。社外監査役は、企業経営や会計及び法律分野における豊富な経験、知識と高い見識のみならず、社外の視点をもって監査を行うことで、監査の実効性を高める役割を担っていただくこととしております。

社外監査役は内部監査担当者及び会計監査人と情報共有及び情報交換により適宜連携を図っております。社外取締役は監査役会に適宜参加することにより、内部監査担当者及び会計監査人の状況を把握し、その職務の遂行に活用しております。